Student interview project - Kumagai-san and Umeda-san from LC Box Apartments

Posted on January 29, 2016 | genkijacs

Some of our more advanced Japanese language students at Fukuoka were given quite a challenging project this week!
The class was split into 2, and each group told to interview one of our GenkiJACS staff members.
The groups were:
Students Andre and Fridtjof, interviewing staff member Kayo Hisakawa
Student Stefan interviewing staff member Yuuki Mori
Students Eva and Anna interviewing staff members from LC Box Apartments.

The tasks they were given included coming up with all the questions, interviewing the staff members, and then putting the interview into writing, all in Japanese! Here is the second interview: Students Eva and Anna, interviewing Kumagai-san and Umeda-san from LC Box Apartments

------------------------------------------


皆さん、日本で勉強すると決めた時、どこに住むべきか不安になりませんでしたか。

GenkiJACS の学生はいろいろな宿泊施設から選ぶことができます。ホストファミリーや学生寮であれば、授業が終わっても周りの人と遊ぶ生活ができます。でも、夜になると一人になりたい人もいます。それは一番勇気が必要な生活ですが、今回はこれを経験したい皆さんのためにGenkiJACSが取り扱うマンションを紹介することにしました。そのため、ウィークリーマンションのスタッフの方々にご協力いただきました。

まずは部屋について聞いてみました。写真に見られるようにきれいな部屋で、中にはベッド、家具、家電、エアコン、テレビ、電子レンジ、冷蔵庫などがあるそうです。「皆さんそのまま来られても大丈夫な設備になっています。お布団とかもあります。」マンションのランドリー室には洗濯機と乾燥機付きのコインランドリーがありますが、Genki JACSの学生はみんな洗濯機付きの部屋になります。それも便利なのではないでしょうか。

今ウィークリーマンションに滞在している人は仕事や出張で福岡に来る日本人が多いですが、GenkiJACSの学生が結構使いますので、外国人も最近増えてきている状態だということがわかりました。日本人と外国人の交流を深めるためのイベントについて聞いたところ「特にイベントというのはしたことはないですけど、私たちスタッフは英語があまり得意じゃないので、外国の方と接することができて、もっとしゃべる機会があったらいいかなとは思います。」という答えでした。

20160129-untitled-1.jpg

マンションのスタッフの方々は今後外国人がさらに増えると予想されていましたから、外国人向けに何か特別なサービスを考えていらっしゃるか尋ねてみました。「GenkiJACSの皆さんからご提案をいただいたら、うちのほうでも参考にして、今後何かできたらなと思っているんですけど。こういうサービスがあったら外国の方が使いやすいというのを教えていただけるとすごくありがたいですね。」とおっしゃいました。プライベートルームの生活をもっと楽しくするいいアイディアがあれば、是非教えてください。

日本の生活に慣れていない外国人と仕事をなさっていますから、きっといろいろな問題が起こるかと思いましたが、それはどうでしょうか。熊谷さんと梅田さんのお話によるとたまに土足が問題になるそうです。靴を脱ぐ習慣がない人も滞在しますが、最近はちゃんとしている人が多く、その問題も今はなくなっているようです。

印象に残っていることを聞いてみると「最後に部屋もきれいに片付けていただけているし、人によってはシーツまで洗濯して、たたんで、帰られる方もいらっしゃるんです。日本人の方よりきれいにされる方が多いです(笑)。すごくきれいに使っていただけるんです。」とうれしそうに説明してくださいました。

皆さん、まだ迷っていますか。では、最後にマンションのプライベートルームに滞在するメリットについて考えてみましょう。ほかのGenkiJACSの学生が利用する宿泊施設と比較すると一番の違いは、やはりいつでもプライバシーの空間があることです。熊谷さんの言葉をお借りすると「ある程度の距離が取れている感じだと思います。」もちろんスタッフの皆さんがいらっしゃいますから、困ったことがあったらいつでも相談できますよ。ホームステイ先や学生寮より学校から近いというのも便利なのではないでしょうか。

ウィークリーマンションにはどんな問題や提案でも優しく手伝ってくださるスタッフがいますから、一人で住んでいても本当は一人ではないんですね。皆さんも日本での一人暮らしを是非体験してみてください。

20160129-untitled-2.jpg 20160129-untitled-4.jpg
20160129-untitled-3.jpg


取材させていただいたスタッフの方々のご紹介

熊谷さん

北海道出身で、福岡にいらっしゃってから15年。
福岡の印象: 夏は暑いです。気温が高くて、蒸し暑いです。
仕事の内容: お客さんからのメールや電話の問い合わせ受付、案内、お部屋の準備

梅田さん

生まれも育ちも福岡。
福岡の印象: 人が優しいです。
仕事の内容: お客さんからのメールや電話の問い合わせを受付、案内、お部屋の準備

Student interview project - Kayo Hisakawa

Posted on January 28, 2016 | genkijacs

Some of our more advanced Japanese language students at Fukuoka were given quite a challenging project this week!
The class was split into 2, and each group told to interview one of our GenkiJACS staff members.
The groups were:
Students Andre and Fridtjof, interviewing staff member Kayo Hisakawa
Student Stefan interviewing staff member Yuuki Mori
Students Eva and Anna interviewing a staff member from LC Box Apartments.

The tasks they were given included coming up with all the questions, interviewing the staff members, and then putting the interview into writing, all in Japanese! Here is the second interview: Students Andre and Fridtjof, interviewing staff member Kayo Hisakawa
------------------------------------------

2013年7月から元気JACSの受付で働いているカヨさんにインタビューさせていただきました。カヨさんは熊本県に生まれ、3才から福岡で育ち、今は海から歩いて5分ぐらいの今宿に住んでいます。

インタビューを始めましょう!

趣味は何ですか? 

私の趣味は、元々はヨガがとても好きで、ウォーキングとか、走ったり、海に行ったりすることが好きです。

何を勉強しましたか?

日本の大学で2年間スペイン語と(基本的な)心理学を勉強して、大学を辞めて、アメリカに行きました。そこでは幼児教育の勉強をしました。
唐人町にある英語を使っている保育園で働きました。その後で、ワーキングホリデーでオーストラリアに行って、保育園で働いてみたり、その後ちょっとニュージーランドに行ったりしました。帰って来てから、ビジネスとか、オフィスの勉強をしようと思って元気JACSで働き始めました。

どんな言語を話しますか。

私は日本語をちょっと(笑)と英語を話します。ドイツ語は話せません。オランダ語も話せません、ごめんね。(笑)  (注:インタビュアーはベルギーとドイツから来ました。)

どうして保育の仕事を選びましたか?

子供たちは、イノセントで素直でわがままですから…かわいいからね。一緒にバカになれます。

子供の頃、どんな夢を持っていましたか?

小学校の時は、ケーキ屋さんになりたかったです。(笑)あと、お花屋さんとかになりたかったです。

今、元気JACSでどんな仕事をしていますか?

学生がホームステイしたいとか、アパートにステイしたいって言ったら、そのステイするところを見つけます。

学生に一番よくきかれた質問は何ですか?

(考えています) そうね。猫カフェはどこですか?温泉はどこにありますか?あと、スーツケースはどこで買えますか? (笑)

一番おもしろかった経験は何ですか?

(少し間)いろいろあるけど、やっぱり毎週金曜日にあるセレモニーでその週に終わる学生が頑張って、先生と学生とスタッフの前で日本語でスピーチをしているのがおもしろいと言うか、一番思い出に残るものですね。皆日本語上手になって、嬉しい時よ!

20160127-__________________________________________.jpg

元気の仕事をやめると聞きました。新しい仕事について教えてもらえませんか?

新しく、プレスクールの仕事をします。と言うか自分でその保育のビジネスをしていきたいから辞めるけど、とりあえずちょっと一年ぐらいアメリカに行って、アメリカのプレスクールで働く予定です。

最後に学生にアドバイスがありますか?

ゲームばかりしないで外でいろいろな日本人に会って楽しんでください。

カヨさん、いままでどうもありがとうぎざいました。いつも素敵な笑顔と大きな笑い声で私たちをいろいろ手伝ってくれて、心から感謝しています。これからも夢に向かって、頑張って、そのやさしさでたくさんの人を幸せにしてください。応援していますよ!みんなが大好きなカヨさん、お元気で!

Student interview project - Yuuki Mori

Posted on January 27, 2016 | genkijacs

Some of our more advanced Japanese language students at Fukuoka school were given quite a challenging project this week!
The class was split into group, and each group told to interview one of our GenkiJACS staff members.

The groups were:
1. Students Andre and Fridtjof, interviewing staff member Kayo Hisakawa
2. Student Stefan interviewing staff member Yuuki Mori
3. Students Eva and Anna interviewing a staff member from LC Box Apartments.

The tasks they were given included coming up with all the questions, interviewing the staff members, and then putting the interview into writing, all in Japanese!
Here is the first interview: Student Stefan interviewing staff member Yuuki Mori

------------------------------------------

去年12月にGenkiJACSで働き始めた大分県の郊外にある玖珠町出身の森勇樹さんにインタビューをさせていただきました。

GenkiJACSの前はどんな仕事をしていましたか。

佐世保のSubwayっていうサンドイッチ屋さんでサンドイッチを作っていました。沖縄のアメリカ軍基地の中で派遣業の仕事をしていました。その後長崎では、塾の英語の先生をしたり、バーで働いたりしていました。

外国語の勉強を始めたきっかけは何ですか。

高校を卒業するときに本当はファッションの学校に行きたかったんですよ。「ファッションの学校に行きたい」と言ったら、両親と兄弟、皆からやめてくれと言われました。「他に何をしようかなあ」と思っていたときに、とりあえず「かっこいいこと」をしたいと思いました。英語をしゃべるのは「かっこいい」と思って、英語を勉強しました。

20160127-_______________________________________.jpg

海外経験を教えてください。

大学生の時1年間交換留学生としてアメリカのニューヨークにいました。でも、ニューヨークシティじゃなくて、すごい田舎です。(笑)

どうしてGenkiJACSで働きたいと思いましたか。

今まで人生でずっと英語を使う仕事をしてきて、福岡に来てもやっぱり英語を使う仕事をしたいと思って探したんですけど、福岡は他の所と違って英語を使う仕事はたくさんありますよ。そのときにGenkiJACSが募集をしてて、GenkiJACSのホームページを見たら、とっても楽しそうで、学生も楽しく勉強していたから、こういう皆がハッピーな所で働きたいと思いました。

休みのとき、何をしますか。

今シェアハウスに住んでいるので、帰ったらシェアハウスのハウスメートと一緒に過ごしたり、アウトドアが好きなのでキャンプに行ったり、夏は海に行ったり、バーベキューしたりします。

GenkiJACSの学生に送りたいメッセージがありますか。

自分も言語を勉強してきて、教科書をずっと見て、ずっと書いてっていう勉強も必要だけれども、人とコミュニケーションが取れたほうが面白いと思います。GenkiJACSはコミュニケーションがたくさん取れるので、どんどん日本語をしゃべって、楽しい思い出を作ってください。そして、また、いつか日本に戻ってきてください!

国際交流に興味があるかっこいい森さんに会いにGenkiJACSにきてください。森さんが作ったカクテルを飲みながら、いろいろな経験について日本語ではなしてみませんか?(^^)

20160127-__________________________________________.png